デイサービス

デイサービスとは?

デイサービスとは、ご自宅から通いながら、介護やレクリエーションが日帰りで受けられるサービスです。

施設では主に、入浴・食事・各種介護・機能訓練(予防介護)・レクリエーション・趣味活動・健康チェック・などを行います。
高齢者の認知症が進行する状況は、寝たきりや、家に閉じこもり刺激の少ない生活を送っていることにも関連します。高齢者の方に、週に1〜2回でも出会いの場を提供したり、会話するなどして、高齢者本人に楽しさと刺激と緊張をもたらすことで、寝たきりの予防や認知症をやわらげる効果を発揮します。

デイサービスを利用するには?

デイサービスは介護が必要な高齢者への介護・リハビリ・支援するサービスです。利用には一般的に以下の手順が必要になります。

1要介護・要支援認定が必要です

デイサービスは、介護保険制度を利用したサービスになります。市区町村より要介護認定で、「要支援1~2」「要介護1〜5」のいづれがに認定された方がサービス対象者となります。認定を受けていない方は、お近くの市区町村にご相談の上、「要介護、要支援認定申請」をおこなってください。

2サービスを受けるためにはケアプランの作成依頼が必要です

要介護・要支援認定を既にもっている方は、ケアマネジャーにケアプランの作成を依頼します。ケアプランの作成がわからない方は、ほおずきまでご相談ください。

3利用開始

ケアプランが作成されると、介護サービス各所にてデイサービスを受けられるようになります。詳しくはほおずきまでご相談ください。

ほおずきの考えるデイサービス

ほおずきのデイサービスは、利用者様が元気になれるもう一つの居場所です

ほおずきでは、デイサービスを利用することで、イキイキとした張りのある生活をおくっていただくために、様々なプログラムを用意しています。ほおずきのデイサービスで交流することによって、自分らしい時間を過ごし、利用者様が笑顔で元気になっていただけるよう充実した時間を提供いたします。

ほおずきデイサービスの1日

ほおずきのデイサービスでの1日を簡単にご紹介いたします。

デイサービスでの1日

ほおずきのデイサービスのこだわり

ほおずきでは、家庭的な雰囲気を大切にしながら、楽しんでいただけるデイサービスをおこなっております。

ほおずきのデイサービス4つのこだわり

こだわり1

家庭的なデイサービス

ほおずきでは、いつも利用者様・パートナーの会話と笑い声が絶えず、ごく自然にあたたかい家庭の雰囲気ができあがることを目指しております。お越し頂いた方には、我が家でくつろぐような楽しい時間を過ごせる工夫をちりばめています。

こだわり2

笑顔になれる食事

いつも1番の楽しみにしていただいている食事は、 栄養のバランスを考えながら、地元の旬な野菜や魚など積極的に取り入れた内容になっています。お米は地産農家の有機栽培です。安心、安全な食事を、湯気が立つほどの美味しい状態で皆様にご提供しています。

こだわり3

心身ともにリフレッシュしていただくための工夫

心身ともリフレッシュしていただけるよう、ほおずきでは入浴にもこだわっています。浴場はゆったりとくつろいで頂けるよう広々とした空間になっています。 浴場内では「家庭で入るお風呂のように」プライバシーへの配慮もしています。ご希望があれば、髭剃り・爪きり・整髪などの整容もおこなっています。

こだわり4

しっかりとした介護予防とリハビリ

充実した生活をおくっていただくために、利用者様の機能改善は大切です。ほおずきでは、生きていることを味わい楽しんでいただくことを期待しています。埋もれている生活できる能力を再発見していただけるよう、理学療法士の指導を受けて、お持ちの能力を最大限活用いただけるよう予防介護とリハビリにあたっています。

レクリエーションのご紹介

利用者様のご希望に合わせてたくさんのプログラムや趣味活動をご用意しております。(詳しいプログラムは各ホームにお尋ね下さい。)

レクリエーションの一部をご紹介

パソコン教室

パソコンの基本操作を学ばれています。ワードで源氏物語の文章入力の練習をされています。今後お孫さんへの手紙や年賀状の作成を希望されています。

囲碁将棋の集い

囲碁・将棋が好きな方が集われ、対戦に花を咲かせています。

陶芸

ご希望者に陶芸教室を開催しております。 その他、ご希望に応じ開催する場合があります。3~4種類の土をご用意していますので、作品にバリエーションがあり、数多くのすばらしい作品ができています。 また、オーブンで出来る簡単な陶芸ですので、初心者の方も安心して取り組む事ができます。

製作

毎年11月に相生市で行われる羅漢の里もみじ祭りの案山子コンテストに向けて、7月から8月にかけ利用者の皆さんと案山子の大まかな内容について話し合います。内容が決定した後に必要な材料を揃え、8月頃から本格的に案山子作りの開始となり皆さんと力を合わせて11月までの完成を目指します。