ショートステイ

ショートステイとは?

ショートステイとは、施設に短期間入所して介護やレクリエーションが受けられるサービスです。

ショートステイとは、高齢者が介護施設に入所した状態で短期間の日常生活を送る介護サービスです。連続して利用できるのは、30日間とされています。ショートステイの利用期間中には、介護保険を利用しながら、日常介護のみならず、機能訓練(レクリエーション)なども受けられます。

ショートステイとデイサービスの違いは?

ショートステイは、介護施設に短期入所する介護サービスのため宿泊ができます。デイサービスは、日帰りで介護を受けられるサービスのため宿泊はできません。どちらも、入浴、食事などの日常生活上の介護や、機能訓練を目的としており、ご家族の方々の介護疲れのリフレッシュや休養にも繋がるサービスです。

ショートステイを利用するには?

ショートステイは介護が必要な高齢者への介護・リハビリ・支援などをおこなうサービスです。利用には一般的に以下の手順が必要になります。

1要介護・要支援認定が必要です

ショートステイは、介護保険制度を利用したサービスになります。市区町村より要介護認定で、「要支援1~2」「要介護1〜5」のいづれがに認定された方がサービス対象者となります。認定を受けていない方は、お近くの市区町村にご相談の上、「要介護、要支援認定申請」をおこなってください。

2サービスを受けるためにはケアプランの作成依頼が必要です

要介護・要支援認定を既にもっている方は、ケアマネジャーにケアプランの作成を依頼します。ケアプランの作成がわからない方は、ほおずきまでご相談ください。

3利用開始

ケアプランが作成されると、介護サービス各所にてデイサービスを受けられるようになります。詳しくはほおずきまでご相談ください。

ほおずきの考えるショートステイ

ほおずきのショートステイは、利用者様が元気になれるもう一つの居場所です

高齢者様がはじめての介護施設でお泊りする時は、どうしても落ち着かないものです。ほおずきのショートステイは小規模で、高齢者様へ戸惑いや不安を感じさせないよう、出来る限りご家庭での生活スタイルに近づけるような環境づくりや援助に努めております。馴染みのスタッフが第二の家族として笑顔でサポートさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

ほおずきのショートステイのこだわり

ほおずきでは、家庭的な雰囲気を大切にしながら、楽しんでいただけるショートステイを心がけております。

ほおずきのショートステイ4つのこだわり

こだわり1

ほっとできる安心の空間

個室、2人部屋、大部屋があり、利用者様に最適な環境を選択して頂けます。 家庭的な雰囲気のホール内に「談話スペース」「静養スペース」「娯楽スペース」があり、自然と笑顔がこぼれる安心の空間になっています。

こだわり2

おもてなしの心でやさしいお手伝い

年中無休の送迎対応、ご家族様の送迎であれば時間の相談にも応じます。 コーヒー、紅茶、ジュース、お茶、をいつでもお飲み頂けます。 おもてなしの精神でお1人1人が快適に過ごしていただける様にお手伝いさせて頂きます。

こだわり3

ずっとイキイキプログラム

ご利用者様同士の交流作りとして、娯楽スペースではカラオケやホームシアター、個別に手芸や将棋、オセロ等も楽しんで頂けます。また自宅での生活に必要な動作を継続できる支援や、食後の口腔ケア等、健康面の支援も行ないます。

こだわり4

きずなづくり

ご本人様とご家族様の絆を保てる、ほどよい距離感が生まれるように支援しております。また、状況に応じて長期のご利用にも対応し、施設入所までのプロセスや、ご相談を担当ケアマネージャー、ご家族様と一緒にさせて頂いております。