CHIAKIほおずきの介護事例発表会とは?

  • 法人内17事業所が一堂に集まり、気づきを得ることを目的とした介護事例発表会を年に一度開催しています。
    法人の基本理念である『利用者の笑みがこぼれる暮らし』に繋がるテーマを設け、事業所全体として半年以上取り組み、発表します。 長期の取り組みにより、職員一人一人のスキルアップに繋がっています。
  • 利用者の暮らしに良い影響が出ることで、職員のモチベーションが上がり、離職率の低下に繋がっているように思います。利用者理解や職員同士のケアに対する考え方の共有が図れ、チームとしての一体感が高まり、事業所愛が深まっています。
    また、他事業所の取り組みを知ることで更に各事業所の実践力の向上に繋がり、ひいては法人全体の質の向上・スキルアップに繋がっています。
  • 各事業所入社3年目までの職員が発表者となり、発表会には新卒新入社員内定者も参加するため入社後のキャリアアップのイメージにも役立っています。外部の専門家の審査員や法人代表者をはじめとする各事業所管理者等が公平に審査を行い、専門家による講評やミニ講義を行うことにより、取り組みの研修効果を高めるようにしています。
  • 優秀な取り組みを表彰し、全体講演会で発表する機会を設けています。
    入社3年までの職員が発表する事はその後の大きな自信となり、モチベーションが高まり、実践力の向上に繋がっています。

外部審査員の声をご紹介します。

外部審査員より

「外部審査員より」

石川 立美子氏 いしかわ たみこ
介護共育研究会代表
 
「おとな(介護職)の研修」について研究。デンマーク、カナダ、アメリカなどを訪問し、福祉先進国の現場を体験。現在は、豊富な経験と知識をもとに、コンサルタント業務・研修講師・地域づくりアドバイザー・雑誌連載など多分野で活動。
本人の目線(アイ)・思いやり(愛)・主体的な私(I)を大切にした、石川立美子の目のつけどころ(アセスメント)から、暮らしを豊かにし、互いに尊重し合う行動、モノ、考え方”たみ~ずあい”を展開中。
詳しく見る
CHIAKIほおずき
2013年度テーマ「体調管理をケアに活かした取り組み」

在宅医療との関わり

在宅医療との関わり
発表者:青柳 奈々
CHIAKIほおずき神戸垂水
グループホーム

対象者 K様
既往歴:
若い時に肋膜炎
平成18年頃転倒により右膝靱帯を痛めた
40代脳梗塞により左足に軽度な麻痺
左股関節大腿部捻挫
認知症あり
入居時の健康診断にて右肺に4cm大の肺腫瘍が見つかり肺がんと診断された。
高齢であり認知症もあることから、無治療で経過を見ていく方針になる。(家族の意向)

本人の自覚症状無し、在宅診療医療機関を利用する事で医療面の安心が得られる。
ホームでの生活を送る事に、家族様からの協力があり安心である。

入居に際しての希望
K様⇒のんびりと過ごしたい
家族様⇒「自分から積極的に行動する事はないと思いますが、誘って頂ければなんでも楽しめると思います。」
「余生を穏やかに過ごすことが出来れば何よりだと思っています。」
「主治医の先生にお任せしながら緩和ケアをして頂ければ十分と考えています。」
「延命は希望していません。どのようなかたちであれ人生尽きるときが寿命だと考えています。」

<K様の初回ケアプラン>
”総合的な援助の方針”
きちんと排泄ができる。楽しく穏やかにホームの生活を送ってもらえるように援助する。
”援助目標”
楽しく穏やかなホーム生活が送れる。
長期目標⇒楽しく活動的に過ごせる。
短期目標⇒日中活動的に過ごせる。
”援助内容”
・バイタル測定を定期的に行ない体調の変化をみる。
・体調に無理のない用にレクリエーション、家事をして頂く。
・様子をみながらベッドで休んで頂く。
・ケース記録へ記録を残す。
・排泄、痔のケア(陰部、肛門を清潔にする。出血の有無を確認する。)

この発表の詳細を見る
CHIAKIほおずき
2013年度テーマ「体調管理をケアに活かした取り組み」

その方らしい生き方への支援

その方らしい生き方への支援
発表者:赤堀 智香
CHIAKIほおずき姫路辻井
生活介護

対象者 J様 身体障害者手帳1種1級 障害者程度区分4
(情報)
・独居
“既往歴”
糖尿病
糖尿病性腎症によるじん臓機能障害(週3回人工透析)
糖尿病網膜症(左目失明、右目光程度)
拡張型心筋症による心臓機能障害
糖尿病による認知症
右足指壊疽により切断

(日常生活における問題点)
・下肢筋力低下による足元の不安定
・食事制限(透析食)
・水分量制限:1日500CC(通所中は計150CC)
・体重増加による肥満傾向

(過去の経緯)
H19年
利用開始(9月)
開始直後に入院
H20年
利用再開(1年後の9月)
糖尿病悪化により様々な制限がきつくなる
H21年
再び入院(5月)
利用再開(1ヶ月後)→利用中気分不良等多数訴えあり
H22年
再々入院(4月)
利用再開(6月)→体調不良等の訴えが多くなる
自宅前の路上で寝ておられる姿を発見(10月)
→本人明確な記憶無し
H23年
自宅にて今までできていた行為が困難な事が増える
(転倒や失禁、服薬ミス等)
H24年
普段より嘔吐を繰り返す事が多くなる(服薬ミス)
迎え時、家の外庭で仰向けで寝ておられる(転倒、見当職障害)
H25年
自宅トイレに行けず紙パンツ内に排便されることが増える
体重の増加、中性脂肪などの数値が悪化

J様を取り巻く状況
・本人を取り巻く関係機関が、それぞれがすべき事だけを行っていた…
・ヘルパー:在宅での食事・洗濯・排泄介助・ほおずき利用の準備
・病院:透析、薬処方
・家族:時々様子だけ見に来る。排泄介助などは行おうとされない。
・ほおずき:入浴介助、昼食の提供など日中過ごしていただく場

このままでは望む生活が送れないのでは!?
目標『その人らしく生きてもらう』

この発表の詳細を見る
CHIAKIほおずき
2013年度テーマ「体調管理をケアに活かした取り組み」

⑮ 『2013年度がんばったで賞』

快便生活への挑戦!!

快便生活への挑戦!!
発表者:足立 篤史
CHIAKIほおずき福崎
グループホーム

対象者 F様 要介護2
身体面→変形性膝関節症
健康面→慢性的な便秘→”日常生活に影響”

課題①
・膝の痛みに伴い活動量が低下している。
・居室で臥床されていること、また椅子に座っておられることが多い。
目標①
出来ること、出来ないこと再度見直し本人様に合ったことを提供していく。

課題②
・薬を服薬しておられるので軟便で汚染されることが多い
目標②
汚染を軽減し清潔感を維持する。

課題③
・便秘が続いたとき、食事量の低下や活気が無くなる。
目標③
日常生活で薬に頼らず排便コントロールが出来るようになる。

この発表の詳細を見る