ありがとう物語No.2

ほおずきに入社して二年目になりました。とは言え、まだまだ学ぶことはたくさんあり、毎日が勉強の日々です。私は今まで社会で働いた経験が無く、“働く”という事がどういうものなのかわからず、いつも不安でいっぱいでした。仕事にもなかなか慣れる事が出来ず、先輩方に迷惑をかけてしまう事も度々ありました。

そんな中でも私が大切にしていた事が、「いつでも笑顔でいる事」です。私はつらい時でもどんな時でも、利用者様に笑顔で接する事を心がけていました。私が笑顔で声をかけると、必ず利用者様は私の何倍もの笑顔を返して下さいます。その笑顔は私にいつも元気と、しんどい時でも「よし、今日も一日頑張ろう!」と思わせてくれるパワーを与えて下さいます。私が利用者様から元気を頂いていたのです。

今の私があるのは、いつも笑顔をおすそ分けして下さる 利用者様方を始め、親身になって相談に乗って下さる施設長や、 先輩方の支えのおかげです。今では私にとってほおずき播磨は、 もう一つの家族であり、安心の出来る場所になりました。利用者様にとっても、ここが安心して暮らせる、笑顔のあふれる場所になる事を願って、これからも家庭的な環境作りに努めていきたいと思います。

また、今までの皆様の笑顔と優しさに、「ありがとう」の気持ちを込めて、少しずつでも何か恩返しをしていけるよう、 これからも介護の道を極めて行きたいと思います。